« 忘れない | トップページ | 住宅と税金 »

時差ボケ?

皆様こんにちは。

昨日まで春がきた~って感じだったのに、今日は急に冬よおかえり~な天気でございます。

確定申告の締切も今週末となりました。

お忘れの方はいませんか~
今ならまだ間に合う駆け込んでください。

さて、タイトルの時差ボケですが、決して確定申告の現実から逃避するために海外へ行っていた訳ではございませんのよ。

しっかり日本国内でクライアントや納税者のためにお仕事しておりましたですよ。

税理士には職業的時差ボケがあると私は思っております。

それを感じた最初は、税理士試験の受験中。
税理試験の期間の設定は、実務より年度が1年先を行っているのですね。
よって試験勉強で解く問題は、まだ実務では実施日が訪れていないものも多いんです。特に試験に出がちな新しい法律など。
でも、練習問題にはバンバン出てくるのでそれが当たり前になってくる。

しかし、実務をするとそれはまだ施工されていない。

勉強しながら実務もしているとこういう頭の中の時差にもやもやする。

そしてもう一つの時差が、まさに今ですね。

確定申告書で扱う書類はすべて24年度のもの。
請求書、領収書、証明書、確定申告の日付。
であるからして、頭の中に”24”という数字が埋め尽くす。

よってプライベートで何か日付を書くとき、つい24と書きそうになる。

税務の世界ではこの日付って重要なんですよね。

法人の決算月や個人の方の12月などは請求書や契約書の日付はよくよくチェックしてくださいね。
特に金額の大きなものなどは影響も大きいですから。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

|

« 忘れない | トップページ | 住宅と税金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れない | トップページ | 住宅と税金 »