« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月

やったねNIPPON!

日本、W杯出場決定

昨夜は日本中が沸いておりました

本田選手がゴールを決めた時、近隣の窓から「わおー」「きゃー」という感染が漏れ聞こえてきました。
みんな観てるなって一体感を感じました

それにしても、なかなかゴールが決まらなくてハラハラしましたが、最後まであきらめずに頑張った結果ですね。

負けられない戦いがそこにあるっていう場面を見ていると、闘志というものが大切だと感じます。

解説者も「本田も外国でもまれて精神的にも強くなった」と言っていました。

それで思うのが、今の小学校などの運動会。
みんなで手をつないで一緒にゴールですって

それで本当に良いのか
そんな中で育った子が、昨日のような場面で闘争心とか絶対勝つとか強い気持ちを持てるのか?

そりょずっと日本の中にいてゆっくり暮らすんだったらまだどうにかなるのかもしれない。
でもね、これだけグローバルだのなんだのと言っているなら、世界で戦える強い心と体を育てなければならないのでは。
”一緒にゴール”と思いやりや助け合いの心を育てるのとは別物でしょ。

それに、成績の良くない子にとって、スポーツが見せ場って子もいる訳だし。
じゃあテストもみんな一緒に同じ点をとるのかって話ですよね。

日本にいるならと上で書いたけど、実際には、日本国内でも社会に出れば厳しいこともたくさんある。
闘争心や競争心は決して悪ではないと思います。がんばろうと思う心に繋がるから。
それが独りよがりにならないように、チーム(スポーツに限らず会社とかでも)で戦うがんばるということを教えていけば良いんだよね。
出来る人が出来ない人を支えて、でもきっとその出来ない人にも他に出来ることがあったり。

強い心を持った人ほど辛いことを乗り越える人ほど、他人を支える力も養えるのだと思いますがどうでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »