映画・テレビ

源氏物語

今日、博多駅の紀伊国屋書店で飾られていた

Dscn2868_convert_20111109231505
源氏物語の衣装です ←映画で使われていたのかは不明

Dscn2869_convert_20111109231532
12月10日(土)より全国公開される「源氏物語 千年の謎」生田斗真くんが光源氏です

なぜかしら近頃、麻呂に遭遇するなぁ~

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

僕たちは世界を変えることができない。~一足お先に観ました

僕たちは世界を変えることができない。向井理さん主演映画の試写会に行ってきました

Dscn2666_convert_20110830230608
(横の丸い紙は、お客様の熱いメッセージが貼ってあります

イケメンさんが沢山出てます(向井さんのお友達役は、松坂桃季さん、柄本佑さん、窪田正孝さんです)

実話を元に作られた映画です。
最初はイケメンがたくさん出てる映画という印象で、期待せずに行ったのですが・・・

カンボジアに彼らが行くシーンがあります。ガイドさんに色んな施設などを案内されるシーンなんですけど、彼らのリアクションが普通に説明を聞いている感じになってて、それが映画というよりドキュメント番組を見ている様で、引き込まれていきます。

カンボジアと言えば、地雷や紛争などのイメージがありますが、近年は海外企業の進出も急増し、これから大きな発展を遂げようとしつつあります。
ASEANの国々は、今、瞬きをする間に変化するというような勢いで発展しています。
日本を初め、アジアや欧米諸国も大きく注目し、実際に多くの企業がを次から次へと進出を遂げています。

でもASEANの国々は、大きな傷跡を持っている国が多いのです。それは、そう遠い昔ではない記憶。

目覚しい発展の影にあるその国々の歴史や背景。日の当たる場所だけではなく、その国の文化や歴史をしっかり知り、その国や人々に敬意を持って、そして日本の美しい誇りを持ってアジアへと飛び立って行きたいですね。それは、お互いの発展のためにきっと大切なことだと思います。

この映画は本当に心に残る映画でした

上映終了後、映画館を包んだしばしの静けさが、観た人々の感想を伝えていました。
隣の席の見知らぬ女性の「今年一番の映画だった」というつぶやきに心でうなづきました。

一生懸命働こうと思いました。
真剣に勉強しようと思いました。
楽しく過ごそうと思いました。
そして、大切に生きていこうと思いました。

とっても良い映画だと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)